Interview

松崎 葵(まつざき あおい)

入社理由

採用イベントで大重さんと出会ったのが最初の出会いでした。
最初は仕事の中身で見ていたので、商社はいいやって感じだったんですけど、その時に大重さんが「誰と働くか」っていうのを話してくれたのを頭の片隅にあるくらいでした。
その後も採用イベントで何回か会っていくうちに「良い人たちだな」って思い始めて。
選考を受けた時に先輩の方がすごい気にかけてくれたんです。
もう一つ迷った会社もあったんですけど、最終的な決め手は、自分がその人の下で働くことを考えた時に、大重さんがいいなと思って決めました。
自分らしさを持っているというか、楽しく働いていて充実してるなと思ったんです。
こういう働き方が良いなと思ったんです。

実際に入社してみて、思っていたことと違ったこともありました。
営業と違くて事務だから大変じゃないかなと思ってたんですけど。笑
簡単に言ってしまえば思ったより大変でした。
でも、仕事ばかりやるんじゃなくて、今日は飲みに行くってなったら早く切り上げるし、仕事第一って感じじゃなくて、自分のことを大事にしてくれるなって感じてますいます!

やりがい

私が今やっている業務が、リースの審査業務を手伝っていて、契約をとって契約書がFAXで流れてきて、契約して設置するまでの確認の手配までを見ていくので、その過程を見れるのが楽しいというか。
契約につながった!とかあーキャンセルきちゃったとか。
その過程に波があるほど、過程に愛着がわいてますね。
請求業務も手伝っているので、この人ちゃんと払ってくれたとか、結果が出るので楽しいですね。
契約とってからその先がわからないとかではないので、楽しいですね。

他の会社の友達は、残業ばっかりって言ってる人もいれば、楽しいっていう人もいれば、結構追い込まれている子は多いかもしれないですね。
そういうことを考えると、私は全然そういうことを考えないですね。
そんなに追い込まれることもないですし、詰められるような感じじゃないので。

人間関係的にはかわいがってもらってますね。
飲みに連れて行ってもらったり、土日とかも釣りに連れて行ってくれたり、BBQに呼んでくれたり、鈴木さんも声かけてくれるので。管理部の人も気にしてくれてるというか、直接的には大重さんが見てるって感じなんですけど、他の人も見てくれますし、見守ってくれてるんだなっていう安心感はあります。
あとは、他の事務所の人も「慣れてきたね」とか「最近どうなの」とか気にかけてくれて
私のこと覚えてくれてたんだって思って。そうやって気にかけてくれてる人が多いのは嬉しいですね。

大切にしていること

報連相をちゃんとしなくちゃっていうのを意識しながらやってますね。
管理部ってお客さんから問い合わせがあって営業に伝えるとか、中継役が多いので、言われてないことを言ってはいけないですし、そういうところの正確さを大事にしなくちゃいけないとか、その中での情報伝達とかも私がどこまでやってるとか、どこまでわからないとか正直に言うようにしていますね。自分が何をやってるのかわからないと周りがやりようがないので、自分が周りをストップさせないように気にするようにしています。やっぱり相談が一番やらなくちゃなって思うんですけどミスができるだけ大きくならないように気にしながらやるようにはしています。

今後の目標

相談とか、わからないことを聞くことがすごい多くて自分で判断したら良いんじゃないって言うことも聞いちゃうことがあるので自分で判断してできるようになりたいですね。
今の業務も先輩に確認することが多いのでそういうところも一人で回していけるようになりたいなと思いますね。

大重さんがずっと言ってくれてたのは明伸のおかあになろうって言ってくれてて
社内の問題ごととか皆が見切れない所とかを自分がフォローしていきたいですね。

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。